デジタルノマドの生き方

digital-nomad3

デジタルノマドの生き方 5-3

私は近い将来的に、世界中を旅行しながら仕事をする予定でいます。
たぶん、実は今すぐにでもそれは可能だと思う。

いろんな国で国内では決して見つからないような有利なヘッジファンドやETFだったり新興国の不動産に投資をしながら、ITプログラミングの仕事や、メールマガジンを書いたりして暮らしていこうと考えています。

「田中さん、いいな~」とかいう話じゃないですよコレは。
これは、この記事は、あなたの話ですよ。

私だけじゃなくって、「あなた」もそれができます。
もしあなたがお金がなくても、できます。

起業して情報を取り扱う仕事をすれば、可能です。

情報を扱う仕事は無数にあるし、これからも爆発的に増えるでしょう。
デイトレーディングなんかはそうだし、プログラミングの受託開発とか、ウェブサイトの運営だったり、はたまた情報ビジネスや、アフィリエイト、SEO、PPC。
ほかにもどんどん生まれてくるでしょう。

先日まで話してきたクラウドコンピューティングと、電子化、LCC(ロー・コスト・キャリア、超格安航空券)。

これらが重なりあったときに、楽しい「デジタルノマド」の扉が開きます。

私はたぶん、そろそろ、MacbookAir一台でどこでも仕事ができる状態になります。
今の最大の関門はハードディスクと、あと性能ですね。MacbookAirがAdobeCSを使っても大丈夫なほどもっと性能よくなれば…。

書籍は電子化した、そもそも情報の吸収は書籍以外からもできる、RSSやツイッターで。

すべての書籍は、そろそろ日本でも本格的にすべてAmazonKindleストアで買えるようになる。もっといえば、Googleがすべてを無料化するから、購入なんてしなくてよくなる。

どんどん軽くなるわけです。軽くならざるを得ない。

私のiMacには外付けのハードディスク2台がつながっていまして、合計で4テラバイトにもなります。
えーと、4,000GBですね。

今使っているiPhoneの容量が40GBくらいですからiPhone100台分のデータになるんです。

この2台のHDDを見てると吐き気がしてくるんですね。
ハードディスクを金属バットでめちゃくちゃにたたき壊したい衝動に毎日駆られています。この4000ギガバイトをさっさとクラウド化できれば…と思います。

・・まあ、本とはそんな感じで決別しました。

問題はもうひとつ。

日記ですね。手書きのメモとか、ノートとか。そういうの。
これがやっかいなんだ。


【397時間動画パソコン教室】

パソコン力アップはここをクリック

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional