デジタルノマドの生き方

FrontPage

デジタルノマド参考文

直訳すると「デジタル遊牧民」とでも訳すのだろうか・・・。
本当の遊牧民のことを指すのではなく、オフィスの狭い環境に留まらず、いろんな場所で自在にITインフラ/機器/ソフトウェアを駆使しながら、働いている人々のことを指す。

佐々木俊尚氏の近著『仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)』では、「ノマドワーキング」として、このデジタルノマドについて、ライフスタイルからデジタルノマドの使用するITツールまで、詳しく紹介されている。

しかしこのデジタルノマド、その言葉こそ用いなかったものの、少なくとも506年以上前から、私などのようなIT系クリエイターの働き方としては、日常的なものだったと思う。

会社組織に属さず、在宅やマンションの一室などの小規模オフィスでITを駆使して自由に働く「SOHO」という働き方が言われるようになって15年ほど。
やがて、インターネットインフラとラップトップPC(ノートパソコン)や携帯電話、PDA機器の普及で、自宅や小規模オフィスにすら留まらなくなって来た。
長いこと使っていたPalmなどのPDAは、当時は有線での同期だったから、完全なデジタルノマドにはなりえなかったが、私の場合は、Nokiaのスマートフォンを使って、メールとWeb、グループウェアをクラウド操作し始めた頃から、本格的に田舎暮らしのデジタルノマド=スローライフハッカーのスタイルが確立したように思う。


【397時間動画パソコン教室】

パソコン力アップはここをクリック






a:1641 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional